忍者ブログ
これは氷の惑星アースと金の惑星ガイアの物語・・・。
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 

「暇だなぁ・・」
そう言って紅の髪を持つ少女は机の上でゴロゴロとしていた。


 



少女が住んでいる世界 アースは今日も平和。
でもやはり「時の旅人」の血が騒ぐのかとっても暇そうで。
「あーあ・・・どこでもいいから冒険しに行きたいなぁ・・・でもリズが―」
「私が何ですか?」
そう言ってきたのは翠色の髪を持つ少女だった。
しかし、それは光に反射してとてもまばゆい感じである。

(まさかごろ寝をして「旅がしたい・・」と唸っていた所は・・聞いていない・・よね?)

そんな動揺を隠せない紅の髪を持つ少女をよそに話をし始めるリーズ。
「まぁそれはいいとして、フレア。これを見に行きましょう!」
と言って ばっ と広げた1枚のチラシ。

そこにはこう書かれていた。

アレクサンドリアで大人気の芝居『君の小鳥になりたい』を上演します!


「月日は・・・って 明日じゃん!?」
「はい。明日ですけど?」
「う・・私こういうもの好きじゃ-」
その言葉を遮り。

「旅したいとわがまま言っていた人・・誰ですかね?」
「う・・・(き・・聞いていたのか)」
「せっかく・・人がついに手に入れたものを・・すぐにぽいぽいと捨てるのですね?」
「・・・わかった・・行くから・・だから殺さないで・・・」
半場脅しなのか、それとも本気なのかは知らないが。
小さなナイフで脅すリーズ。

・・恐喝ですか?

「よろしい。ではすぐさま行かないと間に合いませんから 直ぐに仕度してくださいね フレア」
そう言って小さなナイフをしまった。
そんな彼女を見つめていたフレアは思う。
(・・どこにあったんだろう・・あのナイフ・・)

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
キャットティル(neko)
性別:
非公開
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)Final Rarge(小説) All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]